1. HOME
  2. お知らせ
  3. フェローの仕事

お知らせ

NEWS

コラム

フェローの仕事

「生徒全員が不可能と感じた志望校に挑み合格するというドラマを作る」

フェロー三澤の想い

上位一部の生徒のためだけの学校づくりは絶対にしない。上位下位、生徒全員が実現不可能と感じた志望校に果敢に挑み、それを実現することでドラマを作ること。それこそが現在失われつつある希望の光であり、その光を頼りに人は一歩を踏み出すことができると信じている。「勇気」を生み出すのだ。「勇気」が生徒に限らず、社会全体を前進させるのだ。偏差値35の生徒が50になることと、偏差値50の生徒が65になることは同じ称賛の価値がある。その「勇気」を子どもたち一人ひとりに持たせるようにすることが、私は教育であると考える。
成績下位の生徒から、「希望」を奪うことで存在する世界にある精神は、上位の世界で同様の淘汰を進ませる「削り合い」を助長する傾向がある。それに対し、いわゆる成績下位の生徒が「希望」を持ちつつ果敢に挑む精神は、社会のボディを強靭にする。
生徒から「sulliVanで受験生活を送れて良かった。あの時逃げなかった経験が今も生きている。だから辛くても頑張れる。」と言ってもらえること。社会を停滞させるのではなく、前進させる精神を育てること。それが私の生きがいだ。

受験指導歴24年 三澤裕司さん

最新記事